独立する為に必要な事とは?

美容室や美容院で働くなら何度か独立について考えた事はあるでしょう。
未来の自分のお店の事などを考えて頑張ろうという気持ちになるものです。
ではどんな条件を満たしていたら独立を実現出来るのかについて以下にまとめてみました。

資金について

独立するために特に重要となるのが資金になります。
都心辺りにお店を構えるとなると規模が小さくても1千万近くかかる事もあります。
足りない部分は借り入れなどで補いますが、不景気の煽りを受けなかなか融資もうまくいかない事もあります。
融資されるされないは別としても、最低でも資金としては300万円くらいは用意しておかなければいけません。

従業員の雇用について

最初の時期は自分一人でというケースも多いですが、先の事を見越すなら従業員の雇用はスタートからが良いと言えます。
自分一人で稼ぐ売り上げよりは2人・3人で稼ぐ方が利益は確かに上がります。
その為には単に人数分倍賭けの収入というのではなく、先を見越した計画を立てなければいけません。
ですので、いきなり美容師を雇いというよりはスタート時から信頼関係を築き、良い人材を確保する方がお店の為になるという事に繋がるからです。

経営能力について

経営能力については様々な方面について言えますが、仮に売り上げを例題にしてみると、個人経営で自分一人なら自分のお客さんを持っていればどうにかやっていけるでしょう。
けれど、従業員を雇った場合新たな顧客をつかまえられなければ厳しい状況になります。
ですから、他とは違う魅力を独自に編み出し宣伝する能力も必須となります。
オープンすればお客がどっと来店する様な事はないので、きちんとした戦略を練れるオーナーでなければ厳しいのです。
以上の様に独立をするにはポイントとなる事が大まかに3つあげられます。
ここでお話した事を念頭に独立の為の意識改革を行って頂きたいと思います。

関連する記事